スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1999 +++ ARK① 

ark.jpg





ARK / ARK
   (2000) FaceFront (ノルウェーのレーベル)
        FF006  
   (2000)AVLON/Marquee MICP 10141


Official site があるんです
でも、現在、ISPの関係で見れません
しばらくお待ちくださいとのこと!!




元CONCEPTIONのTore Ostby(G)とTNT・RIOTのJohn Macaluso(dr)の
プロジェクト

プログレッシブ風味

1999という説もあるが、公式には発見できず。 (HPを待とう)
JORNのOfficialサイトには1999年とある  (2006.11.17追記)


Jorn Lande (vocals),
Tore Ostby (guitars),
Randy Coven (bass),
Mats Olausson (keyboards),
John Macaluso (drums)




1.Burning Down
2.Where The Winds Blow
3.The Hunchback Of Notre Dame
4.Singers At The World's Dawn
5.Mother Love
6.Center Avenue
7.Can't Let Go





FaceFrontで、バンド結成話が英語で読めます。
まぁ、秘密でもなんでもないですが


3.The Hunchback Of Notre Dame には お父上のOlle Johny Lande氏が
アコーデオンで参加 

2007.12.12追記



このアルバムに関する情報や思い入れをお持ちの方は、
是非コメント欄に補足をお願いします








 




[ 2006/11/15 18:01 ] DISCOGRAPHY | TB(0) | CM(7)

自ら思い入れ

思いっきり苦手だ思っていたプログレ風味。
そういうわけで、更新も気が進まず、先送りになってた。
でも、書かないと進まないので、一応、久しぶりに聴いてみることにした。
・・・まいった。
かなり、聴けちゃう。てかむしろ、かっけぇぇぇぇ!!
JORNへの思い入れも もちろんあるとは思うけど、
ギターなのかなぁ、(分かってないくせにいうけど)いや、ベースなのかな、ドラムももちろん、曲っていうより、音がいい!!
そう思って、Conceptionも引っ張り出して、聴いてみる。
実は、ロイ・カーンも好き。
あぁ、これは声を重点的に聴いてたんだ。(うっとり)
でも、こうして聴いてみると、やっぱりギターいいなぁ。
全然、KAMELOT派だったけど、この機会にConceptionも聴けそう♪(ちなみに Conceptionもノルウェー出身)

そして、ARKに話を戻して
自分には絶対歌えない変拍子。難しいよね。
JORNたまらんね。めちゃめちゃ合ってるんじゃないの?ARKのこの感じ。
こういう空気の曲は、ライブで感じたいなぁ。
でも、全部同じ曲に聞こえるのは、自分だけですか?

しかしだ、しかしだよ。
ビジュアル系?
ジャケはいいが(むしろ好き)、歌うときもアレだとは。
間違えた!ジャケはナシ。ボディペイントはアリ!!

アレをご覧ください。(公式じゃないけど・・・)
てか、公式の映像少ないからねぇ。
Youtubeからですが、一緒に観ましょう。

♪Burning Down
http://www.youtube.com/watch?v=DHrWuKb2JBU&mode=related&search=

(よく、縦じまの服着てますよね)
[ 2006/11/15 23:36 ] [ 編集 ]

ヨルンのオフィシャルでは1999になってるね
[ 2006/11/17 01:09 ] [ 編集 ]

じゅんさん いつもありがとうございます。
ホント無知で恥ずかしいのですが、
よく、レビューなどにも1999年とあるんです。
私もずっとそうだと思ってたんですが、
レーベル的には、2社とも2000年となってますが、なにかカラクリがあるんでしょうか?
avalonに関しては、完全先行販売って・・・
どこより先行なんだ?
いや、どなたかわかる方いらっしゃたら、教えてください。
[ 2006/11/17 08:40 ] [ 編集 ]

JMJさん、こんにちは。
このアルバムは持っていますよ。おそらく「1999年」で良いと思いますよ。CDにも記載されてますし。
この多用した「変拍子」がたまりませんよねぇ!(笑)
いろんなジャンルがミックスされていて、聴き続けていると・・・「これは、ジャズかも知れない」、「これは、中近東系かも知れない」、「あるいはラテン?」・・・と感覚が「麻痺」してしまいます。
しかも、ヨルンの独自のボーカルで「よく、歌えるなぁ~!」と感心してしまいます。
まぁ、これが「ARK」の持ち味なのですが、そこに「ヨルン」と言う素晴らしいヴォーカリストの懐深さが、より一層感じられますね♪
[ 2006/11/17 13:29 ] [ 編集 ]

LIZUさん

いつもながら、当を得たコメントで、「そうそう!ホントそうだよねぇ!」と、感心してしまいます。
私も、いろいろ聴いて感性を磨きたいと思わされます。
1999の件、ありがとうございました。
そうです、なぜ謎なのかといえば、持っていないからです。
苦手意識で買うまで至らず、今日まで・・・
アイデア満載で作られたこのアルバム!
ちゃんと聴いてみてよかった♪
ドラマチック&エキゾチックにゾクゾクしたのでした。
3.The Hunchback Of Notre Dame は特にGソロがたまりません。


[ 2006/11/17 18:00 ] [ 編集 ]

ギタリストは

テクニカル・ギタリストのTore Ostbyですからね~!この人、「ARK」の前に「CONCEPTION」と言うプログレッシブなロック・バンドにいました。その流れで「ARK」が出来たのですが、「CONCEPTION」はスゴイです(笑)。リズムとリズムのバトル的要素がタップリで、ジャケの感じからアフリカの大地のリズムと叙情的メタルがミックスした感じ。そのサウンドに「Tore」のスピード感タップリのギターが乗ります。ゾクゾク感があり、鳥肌の立つ美メロディ・ソロ(これは本当に素晴らしいです!)もありますが、しかし・・・はっきり言って今の私には、まだ難しくて聴けないですね。やはりヨルンのヴォーカルの「ARK」の方が好きです。
[ 2006/11/19 19:18 ] [ 編集 ]

LIZUさん

そうなんですよね。難しいのですよね。
私は、分かりやすい曲がおそらく好みなので、、
アルバム全体、プログレは好きか?と言われたら、やはり苦手だと思います。
でも、今回、こうしていいところも発見できて、
「かっこいい」と感じられたことは、自分的にかなり幸せです。
幅が広がるといいましょうか。
今まで、損な聴き方をしていたかもしれません。
「CONCEPTION」ですが、私はParallel Mindsしか知らないのですが、私的には ARKよりは、聴きやすいです。
って、分かったのも 今回のがきっかけだったんですけどね(笑)
今まで、KAMELOTと比較していたので、全然埋もれていたアルバムでした。♪Roll The Fireと♪Parallel Mindsはツボ曲です。


[ 2006/11/20 12:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jornsenmon.blog79.fc2.com/tb.php/23-bff86e52









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。